アスミールとセノビックはどっちがおすすめ?

子供にとってどちらがおすすめな商品かというと、飲み方や味の種類の多さ、成分や安全面にアレルギー、そして価格等色々な面を比較する必要があります。

飲み方を比較

まず飲み方ですが、どちらも基本的には牛乳を溶かして飲むというものなので違いはありません。もちろん混ぜるのは牛乳以外に豆乳でも良いですし、アイスでもホットでも問題ありません。

味の種類は?

味の種類を見てみると、アスミールはココア味だけですが、原材料だけを比較してみると、こちらの方が充実している事が分かります。一方セノビックはココア味以外にもいちごミルクやバナナ味もあるので、沢山の種類がある方が飽きずに毎日飲む事が可能で、成分もカルシウムが摂りやすくなっており、ビタミンも配合されていますが、やはり比べてみると若干物足りなさがあります。

安全面をチェック!

それから安全面やアレルギーについて比較してみると、アスミールは具体的に合成保存料や合成着色料、合成甘味料が不使用である事や、使用されている原材料は全て国内産で、製造も国内の工場で行われている事、そして放射能検査が行われ、アレルギー成分は大豆や乳成分、ゼラチンときちんと細かく明記されていますが、セノビックは、大手メーカー販売しているので安全面に問題はないのは分かりますが、具体的には明記されておらず、アレルギー成分が大豆や乳成分、ゼラチンと明記されているだけです。

価格を比較

あと重要なのは価格です。初回分だけを比較するとアスミールの方が安く、飲む時に1日1杯100グラムの牛乳に混ぜる必要があります。

一方セノビックは、1日2杯150グラムの牛乳に混ぜて飲まなければならないので1日300グラムの牛乳が必要です。その為1日に牛乳200グラムの差がつき、1ヶ月だと6000グラムつまり6リットルなので牛乳パック6本分の差が出ます。

その結果、セノビックは牛乳パック6本分の料金が余計に必要になりますので、結局値段的にはそれ程差は無い事が分かります。

アスミールとセノビックどっちがおすすめ?

つまりまとめると、味の種類の多さや飽きの来なさ加減で決めるとセノビックで、成分の充実さや安全面で決めるとアスミールという事です。

値段は1ヶ月だけだと違いはありますが、継続的に利用する場合は、どちらもほとんど変わらないので、自分が重視するポイントで決めましょう。

結局の所、子供の成長をサポートする商品を選ぶ時は、やはり成分が優れており、安全面もきちんと明記されているアスミールが個人的にはおすすめです。

アスミールの詳細はこちら!

>>アスミール

 

アスミールは効果なし?飲み方に秘密があるって本当?

身長を伸ばしたい人たちの間でアスミールはとても有名ですが、中には効果が出ないと感じる人もいるようです。効果が出ないと感じている人たちはまだ飲み始めてから間もなかったり、正しい飲み方ができていないケースもあります。

 

アスミールの基本的な飲み方

基本的な飲み方は牛乳に溶かすというものであり、粉末が残らないように溶かすためのシェイカーもおまけでついてきますので、残らず飲むことができます。他にも豆乳に溶かしてみたりホットで飲んでみたりと色々な方法がありますが、大事なのはこのような飲み方ではなくてタイミングです。

タイミングとして最適なのは夜寝る前であり、これには成長ホルモンが深く関わっています。アスミールにはアルギニンが配合されており、このアルギニンは体内の中で生み出すことができますが自然合成される量はごくわずかです。成長に必要な量を確保するには食事などから摂取する必要があり、アスミールで補うのは理想的な方法です。

アルギニンは成長ホルモンを分泌される働きをしますので、子供が成長するのに欠かせません。

アスミール 口コミ

アスミールを飲むのは寝る前がベスト?

成長ホルモンは夜寝ている間にもっとも活発に分泌が行われているといわれています。ですから、夜寝る前のタイミングでアスミールを飲むようにすれば、より効果的な対策を行うことができます。成長促進の作用を得たいという理由で始めるものですので、元々の体の働きや仕組みをしっかりと理解した上で最適なタイミングを図ることはとても重要です。

毎日いつ摂取するかで効果が大分変わってくる可能性もありますので、寝る前がもっとも作用を引き出すということを覚えておきましょう。

寝る子は育つという言葉がありますが、寝ている間に成長ホルモンが一番分泌されるというのは有名な話です。一緒に摂る牛乳には睡眠導入効果がありますので、質の良い眠りを確保することができるようになって一石二鳥です。質の良い睡眠が取れている時には成長ホルモンの分泌量も増加していますので、子供も大きく成長できるかもしれません。

公式サイトを見てもいつのタイミングが良いとは明言されていませんが、人の体の働きを考えてみれば夜寝る前がもっとも良いというのは誰が考えても分かります。眠りが浅くなりがちな人は牛乳の作用だけでは熟睡できないケースがありますので、その場合は快眠対策として寝る前に副交感神経が優位になるように生活のパターンを見直してみるのがおすすめです。

一般的に寝る前に興奮するようなことを避けると自然と副交感神経が優位になります。